ミニセグウェイ 子供

子供用ミニセグウェイがもう手に入らない?

 

子供でも楽しめるミニセグウェイの種類は、どのようになっているのでしょうか?
特に子供が怪我をしないように、安全面を大切に選びたいところです。
購入時の注意点など、重視すべきポイントを考えていきます。

 

子供用のミニセグウェイは通常のものよりもサイズが一回り小さく、最大体重制限も半分ほどです。
年齢制限は6歳以上、製品によって最高速度も時速5キロメートルまで低下しているものがあります。
ほかにもステップ台に滑り止めが追加されたり、バランスを崩したときにアラームが鳴る機能を備えていたりします。
また、使用時に安全性を高めるため、ヘルメットや肘と膝のサポーター、プロテクターなどが付属しているのも特徴です。
しかし、残念ながらこうした子供用のタイプは、現在手に入りません。
ミニセグウェイの公式販売サイトでも販売を中止おり、今後入荷の予定は無いそうです。
ですから、購入時には粗悪な偽物を回避するため、キッズ用や子供用を例え見つけても詳細確認を怠らないように注意しましょう。

 

実際に子供がミニセグウェイで遊ぶためには、大人用のミニセグウェイにおける使用条件を満たすことが必須と言えます。
まずキッズモデルでないミニセグウェイの使用においては、体重が最低20キログラム以上必要で、これよりも体重が軽ければ操作ができない可能性が高いです。
バランスを取ることも困難ですから、体重制限は必ず守ってください。
もうひとつ、対象年齢の記載があるときには、16歳以上に多くがされています。
これはあくまでもメーカー元の推奨年齢で、法的な制限ではありません。
そのため、一部のアミューズメント施設では、保護者同伴を要しますが子供もミニセグウェイで遊べます。
このように子供がミニセグウェイで楽しむときには、保護者がいつでも一緒にいることを心がけましょう。
メーカー元の年齢制限も踏まえて、15歳以下の子供が1人で遊ばないように注意する必要もあります。
更に安全性を確保するため、ヘルメットやプロテクターも着用させてあげなくてはいけません。
ミニセグウェイにカスタムパーツを取り付けることも、有効と言えるでしょう。

 

キッズモデルは実質的に入手不可ですから、ミニセグウェイの条件を満たした場合のみ子供が楽しめるようになっています。
ヘルメットなどを着用させ、子供が楽しむときには安全のために保護者が必ず付き添うようにしてください。

 

ミニセグウェイの子供用