ミニセグウェイ 公道

ミニセグウェイを公道で乗れるか?法律からも確認!

 

ミニセグウェイ 公道

 

ミニセグウェイを活用するうえで気になるのが、公道で使用できるかどうかです。
一般に、自宅の敷地内や公園、広場で走行ができることはよく知られています。
はたして、公道でミニセグウェイの走行は可能なのでしょうか?法律についてチェックしていきます。

 

ミニセグウェイを公道で使用した場合は、道路交通法違反になってしまい、歩道でも使用はできませんので注意してください。
ミニセグウェイは未だどのような分類になるのかも、不確かな状態です。
これを公道で使用したことにより、逮捕された事例はまだ確認されていないようですが、セグウェイでは罰金が科された事例があります。
このとき、セグウェイは普通自動二輪車と判断され、法的には整備不良に該当したため、仕組みが似ているミニセグウェイも、同様に整備不良と判断されるかもしれません。
警察に注意されるぐらいでは済まない可能性も大きいので、乗ることが許可されている場所でのみミニセグウェイを使っていきましょう。
もし公道で走ることを目的に購入の検討をされている場合には、購入を控えることが望ましいです。

 

移動に便利なものですから、街中でも使えるように法律改正を望む意見は多く出ています。
実際にセグウェイにおいては、公道を走行するための条件が示されたこともあるのです。
警察への申請や誘導員の確保、免許所有者であることなどが必須とされていました。
しかしミニセグウェイは、ハンドフリーによる重心移動が特徴で、明確なブレーキも無く、移動方向の予測も周囲からは難しくなっています。
海外では、ミニセグウェイで走行中、車に轢かれる事故も発生しており、車両としては欠陥が多すぎる仕様なので、当然公道で走るリスクも高いです。
公道が下り坂であれば速度も出やすくなってしまいますので、危険性を考慮すると、公道おいてミニセグウェイはまったく適していないといえるでしょう。
今後、普及がなされていくことで、議論がより活発になることが見込まれています。

 

ミニセグウェイが普通自動二輪車扱いされた場合、整備不良と判断されることが想定されます。
ハンドフリーなど、その特徴からも公道の走行にはリスクがあり、適していないのです。
公道や歩道での走行は道路交通法違反になるため、くれぐれも走れる場所でのみミニセグウェイを使用しましょう。

 

ミニセグウェイは公道では乗れない