ミニセグウェイを公園であそぶ

ミニセグウェイを公園で乗るなら必ず確認しておきたいこと

 

ミニセグウェイ 公園

 

公園を利用したミニセグウェイの遊び方には、どのようなものがあるのでしょうか?
室内と違うポイント、安全のために注意したいことをあわせて確認してみます。

 

広い公園では、ミニセグウェイを使って楽しく探索が可能です。
安全を確かめれば、スピードを出したり、大きく旋回したり遊べる幅が大いに広がります。
また、ミニセグウェイに興味を持つ人との交流も、公園ならではだといえるでしょう。
ほかにも家族や友人と一緒に遊ぶことができますから、自宅や室内ではなかなか感じられない楽しみを見つけられます。

 

一方で、ミニセグウェイに乗る場合には守らなくてはいけない決まりがあります。
公園によっては看板などを設置して、ミニセグウェイの利用を禁止している場所も存在するのです。
全ての公園で、ミニセグウェイを使用できるとは限りませんので注意してください。
広い自然公園や緑地公園、スケートパークなどが主に使える場所で、中でもスケートパークは路面が整っていますから、走りやすさも優れています。
利用時に料金が必要になるところもあるため、出かける前にチェックしましょう。
操作に慣れるまでは安全のため肘と膝にプロテクターを着用し、ヘルメットも併用することが大切です。

 

公園ではできるだけ、広い場所でミニセグウェイに乗ることが大事です。
もし転倒すれば、ミニセグウェイが離れたところまで転がってしまう可能性もあります。
まだ不慣れなときには、ほかの利用者にぶつからないように距離を置くか、周囲に人が見られないところで楽しみましょう。
特に小さな子供がいるかどうかは、気にしなくてはいけません。
見通しの良い場所でないと不意の飛び出しが発生した場合、スピードを出し過ぎていると、対応できない可能性が高くなります。
例え慣れていたとしても、子供がいる場所ではスピードを落とし、公園では芝生に隠れた段差や小石にも気をつけてください。
平坦でない地面は常にリスクがあるので、慣れるまでは注意をしなくてはいけません。

 

ミニセグウェイは公園で一般に使用できますが、禁止されている場合もあります。
許可されているところで、安全に気をつけながら楽しみましょう。
同時に公園のルールを守り、ほかの利用者に迷惑をかけないよう心がけてください。

 

ミニセグウェイは公園でも遊べる