ミニセグウェイの値段と販売店

ミニセグウェイを購入するなら、値段より信頼できる販売店で!

 

ミニセグウェイ

 

先に結論を少し書いておくと、ミニセグウェイを通販などで購入する上で値段は安い商品が良いのは当然ですが、信頼出来る販売店から販売されているか?が一番重要です。信頼できる販売店かをしっかりと確認しておくことをお勧めします。

 

その点を踏まえ、実際にミニセグウェイを購入した私が買う前にこれだけは確認という事項を以下に「4つ」上げてみました。衝動買いして損しないためにぜひ購入前に確認をしておきましょう。

 

そのミニセグウェイは正規品?販売店は信頼ある?

ミニセグウェイは正規品で

 

電動立ち乗りスクーターのミニセグウェイを買おうと思う場合まず一番大切なことは、「正規品であるか?」ということです。ミニセグウェイは結構な数の類似品が出回っており、粗悪なものを買ってしまうと損をしてしまいます。

 

見た目などは、一見すると類似はしているのですが、性能や安全性に大きく差があるのです。粗悪なものを買ってしまったために、爆発や炎上をしてしまったという事例もあるくらいです。

 

これが、値段よりも信頼出来る販売店での購入をおすすめする最大の理由です。このことからしっかりとした正規品を扱っているところから買うことが一番重要なのです。

 

間違っても、「値段が安いから…」という理由で安易に決めるのではなく、まずこだわりたいのはそのミニセグウェイが正規品であるか?信頼出来る販売店か?という点を第一に考えることが大切なのです。

ミニセグウェイの販売業者に保証がしっかりと付いているか?

 

ミニセグウェイの保証

 

このこともしっかりと、検討することも大切です。

 

せっかくあなたの大切なお金を使って購入するのですから、保証面もしっかりとしたところからの購入が良いです。

 

 

保証などがしっかりとしているか見極めるポイントとしては

  • しっかりとしたマニュアルが付いているか?
  • 修理保証が付いているか?
  • 国内保証書を発行してくれるか?
  • 取り扱っているミニセグウェイが確実な正規品であるか?

などをしっかりとサポートされているか?を確認しましょう。

ミニセグウェイの品質について

ミニセグウェイの品質について

 

ミニセグウェイは先ほどあげたように粗悪なものは、爆発や炎上をしてしまったという事例があったとうことはお話ししました。そこで、ミニセグウェイの品質についてもしっかりと検査がされているか?ということもとても重要です。

 

過電流による発火をしないか、「過電流防止装置検査」などの検査類をしっかりと行っているのか?
なども大切な事項となるでしょう。

 

また、PSEマークがあるか?ということも大切です。というのはこのPSEマークは品質水準が一定以上でないと認められないからです。

 

まずはこのあたりの品質基準を確認しておくと良いです。やっぱり安全性が高いことが一番ですからね。

 

ミニセグウェイで必ず確認するべき優良販売店はどこなの?比較ランキング

 

今、安全性と信頼性の面でしっかりとしている2つをご紹介!上にあげた様々な基準も満たしており安心して購入できるおすすめのミニセグウェイ販売会社です。
どのミニセグウェイを購入をしようか迷っている方は、以下の「2つ」は必ず確認をしておくことをおすすめします。

 

キントーン Kintone

 

保証期間 半年間
PSE認証 あり
カラー ホワイト・ブルー・レッド・オレンジ
値段 48,900円(税込)※割引キャンペーンにより、かなりお得に購入出来る時もあるので公式サイトを要チェックです
特典 専用キャリングケース
おすすめ度

キントーン 公式

チックスマート CHIC-Smart

 

保証期間 2年保証(往復の送料も会社負担で無料)
PSE認証 あり
カラー ブラック・ホワイト・ブルー・レッド
値段 49,800円(税込)
特典
  1. カラーコーン
  2. キャスター付き専用高級収納袋
  3. チックスマート専用ハンドル
  4. バランスカート
おすすめ度

チックスマート 公式

ミニセグウェイはkintone(キントーン)がおすすめの理由とは?

 

ミニセグウェイ kintone

 

当サイトでは、どうしてkintoneを1位としているかの解説をします。

 

ミニセグウェイには様々な種類があるので、どれが良いのか迷います。正直なところ値段だけを比較したらまだ安いものもありますが、多少値段は高くても安全性や信頼性を考る方がメリットがあります。

 

なぜなら安くて質があまり良くないと、すぐに故障したり、修理が必要となりせっかくミニセグウェイに乗って楽しむと言う貴重な時間を失う事になります。

 

こんなことなら、最初から質の良いミニセグウェイを買っておけば良かったと必ず思います。

 

その点、kintoneは「第三者機関による過充電防止機能検査済み」「PSEマーク取得済みの安全の製品」と品質管理には徹底していますので、安全かつ信頼性の高いミニセグウェイと言えるのです。

 

またKintoneの公式サイトには手書きによる購入者の感想も掲載されており、その信頼性の高さが伺えます。

 

これらの理由から、当サイトではkintoneをおすすめしているのです。

 

ぜひこの機会に信頼性の高い人気ミニセグウェイのkintoneの詳細を確認しておきましょう!
※kintoneは、割引キャンペーンをやっていることがあり、かなりお得な値段で購入出来る時もあるので、要チェックです。

 

Kintoneの公式サイトはこちら

↓↓↓↓↓

https://kintone.mobi/

 

 

 

 

 

 

 

ミニセグウェイKintoneについてインスタグラムで調べてみました

 

ミニセグウェイのKintoneは今人気なので、インスタグラムで実際に乗っている方を確認してみたら多くの方が楽しんでいました。以下に紹介をしていきます。

 

ミニセグウェイ Kintoneキントーン インスタグラム1キントーンって上に乗るだでではなく、カスタムオプションパーツを付けてこんなふうにも楽しめるんです。
それにしても楽しそう(笑)

りほさん(@ri1ho)がシェアした投稿 -

 

ミニセグウェイ Kintoneキントーン インスタグラム2乗りなれていて、素晴らしい走行で気持ちよさそうですね~。

 

ミニセグウェイの速度はどれくらい?

ミニセグウェイの速度

 

セグウェイのミニマムタイプとして注目を集めているのがミニセグウェイなのですが、その速度はどのくらい出るのでしょうか。まず比較対象である本家のセグウェイは最高時速が20kmとなっており、それに対してミニセグウェイはおよそ半分の時速10kmが通常速度であるとされています。

 

ただし操作次第によっては10kmを超えることがあるようですし、体験した人たちの口コミの中には16kmほどの速度が出たという報告もあります。

 

ではこのミニセグウェイの速度は実際どの程度のものになっているのかというところですが、時速10kmの場合は人間に例えると早歩きもしくはジョギング程度の速さに例えることができます。そのため通常の速度のミニセグウェイはちょっと速く歩いているかジョギングしているのと同じくらいのスピードで走るものとなっているので、実際に利用してみるとそこまで早くはないと感じる人も多いようです。

 

ただし注意点として下り坂で利用した場合は最大で50キロから60キロの速度が出るという報告もされており、ブレーキを掛けることは自分の操作でしかできないようになっているので非常に危険であるとされています。平面であれば子どもでも安全に乗ることが出来る速度になっているので、使い方に注意する必要がありますが、比較的安全な乗り物であるとされています。

ミニセグウェイを公道や歩道で乗れるか?法律からも確認!

ミニセグウェイは公道で走れるのか

 

ミニセグウェイを活用するうえで気になるのが、公道で使用できるかどうかです。一般に、自宅の敷地内や公園、広場で走行ができることはよく知られています。
はたして、公道でミニセグウェイの走行は可能なのでしょうか?法律についてチェックしていきます。

 

ミニセグウェイを公道で使用した場合は、道路交通法違反になってしまい、歩道でも使用はできませんので注意してください。

 

ミニセグウェイは未だどのような分類になるのかも、不確かな状態です。

 

これを公道で使用したことにより、逮捕された事例はまだ確認されていないようですが、ミニセグウェイではなくセグウェイにおいては罰金が科された事例があります。

 

このとき、セグウェイは普通自動二輪車と判断され、法的には整備不良に該当したため、仕組みが似ているミニセグウェイも、同様に整備不良と判断されるかもしれません。
警察に注意されるぐらいでは済まない可能性も大きいので、乗ることが許可されている場所でのみミニセグウェイを使っていきましょう。
もし公道で走ることを目的に購入の検討をされている場合には、購入を控えることが望ましいです。

 

移動に便利なものですから、街中でも使えるように法律改正を望む意見は多く出ており、実際にセグウェイにおいては、公道を走行するための条件が示されたこともあるのです。
警察への申請や誘導員の確保、免許所有者であることなどが必須とされていました。

 

しかしミニセグウェイは、ハンドフリーによる重心移動が特徴で、明確なブレーキも無く、移動方向の予測も周囲からは難しくなっています。
海外では、ミニセグウェイで走行中、車に轢かれる事故も発生しており、車両としては欠陥が多すぎる仕様なので、当然公道で走るリスクも高いです。
公道が下り坂であれば速度も出やすくなってしまいますので、危険性を考慮すると、公道おいてミニセグウェイはまったく適していないといえるでしょう。
今後、普及がなされていくことで、議論がより活発になることが見込まれています。

 

ミニセグウェイが普通自動二輪車扱いされた場合、整備不良と判断されることが想定されます。
ハンドフリーなど、その特徴からも公道の走行にはリスクがあり、適していないのです。

 

公道や歩道での走行は道路交通法違反になるため、くれぐれも走れる場所でのみミニセグウェイを使用しましょう。

 

 

オフロードでも走れるミニセグウェイの特長について

 

ミニセグウェイ オフロード

 

ミニセグウェイを活用するときには、デコボコしている場所を通ることもあるかと思います。
こうした環境でも性能を落とすことなく使用できれば、楽しさも倍増していきます。
オフロードでも走れるミニセグウェイの特長は、どのようになっているのでしょうか?

 

道路以外の舗装されていない場所のことを、一般にオフロードと言います。
ミニセグウェイにおいてオフロードタイプとされるものは、このような自然そのままの地形でも変わらずに走行できる仕様のことです。
もちろん、土や砂の上もオフロードです。
公道を走れないミニセグウェイにとって、公園の道などを除外すると、意外と使用できるシーンは限られてしまいます。
対してオフロードタイプであれば、広大なグラウンドでも快適に楽しむことが可能です。
スピードを出してみたり、楽しむ幅もあわせて一気に広がります。

 

デザインもオフロードに最適で、通常のものよりタイヤが太いのが特長です。
地面に接する面積が増加していますから、走行における安定性が格段に向上しています。
これまで乗り越えることが困難であった地形でも、問題なく通過できるでしょう。
滑りにくく、小さな小石ならバランスを崩すこともないので、ミニセグウェイの運転が苦手な人も使いやすくなっています。
また空気で膨らませたタイヤではなく、できればスポンジ性のパンクしないタイヤが使われているものを選んでください。
タイヤ交換ができない場合も多いので、より丈夫なタイヤのほうが得られるメリットが大きくなります。

 

オフロードタイプはタイヤが大きいことで、その分本体が重いのがデメリットです。
持ち運びの負担が少し増していますから、これを踏まえて検討しましょう。
初心者の人は例えオフロードタイプであっても、しっかりとした練習をしてから活用しなくてはいけません。
いきなりオフロードではなく、必ず平坦な場所から練習を始め、徐々にオフロードに挑戦していきます。
加えて、スピードが超過するとバランスも崩しやすくなってしまうので、特に下り坂などに気をつけましょう。

 

ミニセグウェイには、オフロードに適したデザインが登場しています。

 

ミニセグウェイは段差でも走行できる?

 

セグウェイをご存知の方はいらっしゃるでしょうが、ミニセグウェイなるものをご存知の方はいるでしょうか。テレビでも取り上げられ話題となっているミニセグウェイは乗り慣れると段差なども乗り越えたりと体重移動のみで、ある程度の坂道であっても登れるようになっています。

 

ミニセグウェイは携帯やパソコンに使われるリチウムイオンバッテリーを搭載して原動力となっていて、デザインも近未来的なスタイリッシュとなって、センサー感知で安定走行ができるようになっており、スマートフォンやUSBからの充電も可能です。海外ではセレブにも愛用者がいるようで、操作は5分ほどの練習で簡単操作ができ、セルフバランススクーターとも呼ばれています。

 

慣れれば慣れる程大きめの段差も越えられ、スピンなどテクニックも競えます。ただし小さいお子さんにはヘルメットや肘あてなどの着用が必要です。また類似品も多く出回っていて、安価で製品の安全面に問題も多いようです。通販サイトでも購入ができ、きちんと保証のついたものであれば数万円の価格で購入できます。

 

またネットでは評判や比較を行ったランキングサイトなどもありますので、参考にして検討してお求めになるといいでしょう。

 

ミニセグウェイの販売店や種類ってどんなものがあるの?

 

ミニセグウェイといっても様々な販売会社のものがあります。

 

有名どころをあげると、チックスマートやミニセグウェイkintone(キントーン)

 

その他にはCITUS(サイタス)などもあります。

 

次に種類についてですが、最近ではミニセグウェイでオフロードタイプのものも登場。ちょっと荒い道をミニセグウェイで走りたい方にはいいかもしれませんね。

 

おすすめの販売店はチックスマートやkintoneです。正規の販売店が日本にあるのがとっても安心です。

 

ミニセグウェイの購入で迷っているならチックスマートやkintoneだけは必ず確認をしておきましょう。なぜなら安全性や日本でのサポート体制がしっかりとしているからです。

ミニセグウェイの乗り方

ミニセグウェイの乗り方は?

 

ミニセグウェイってどうやって乗るの?と疑問に思うかもしれませんね。そこでここでは、簡単にではありますが、乗り方を注意点等を交えながら解説をしていきますね。

 

まずは、ミニセグウェイはつま先を下げた状態でのると、暴れて乗りにくいのでかかとを下げる感じでのると良いでしょう。乗る時には、片足を乗せたら「すぐに」もう片方の足も乗せる感じにすると、うまく乗れます。

 

まずは慣れるまでは、何かにつかまりながらするのも良いと思います。あわてて間違っても転倒などをしてケガをしないようにしましょう。乗れたら、とりあえずその場で停止をする練習をしましょう。次に移動についてですが、行きたい方向に体重をのせるだけです。

 

またミニセグウェイをねじるようにするとスピンもします。

 

以上、簡単ではありますが乗り方についての説明です。特に慣れないうちは慎重に慌てずにしてくださいね。ケガだけには、気を付けましょう。

 

ミニセグウェイの乗り方について参考にさせて頂いた動画

 

 

ミニセグウェイを乗るのに免許は必要なのか?

 

ミニセグウェイは、現在そもそも公道で乗ることは認められていません。
このことから、免許は必要がないという結論になります。

 

ミニセグウェイを乗る上での体重制限はあるのか?

 

ミニセグウェイを乗る上で体重制限があるのか?心配になる方も多いかもしれませんね。
体重制限はミニセグウェイの機種ごとにそれぞれ違いがあります。

 

1例をあげると、ミニセグウェイでも人気のkintone(キントーン)では、最低20㎏で最大100㎏となっています。

 

なので購入する上で、体重について気になる方は、しっかりと機種の仕様で体重制限項目を確認しておく必要があります。

 

 

ミニセグウェイを激安の中古で購入の方が良い?

 

ミニセグウェイ 中古

 

ミニセグウェイは、ヤフオク・メルカリなどで中古で購入することが出来ます。ですが個人的には、公式サイトから新品での購入がおすすめです。
というのは、ミニセグウェイは類似品が多く、中古で購入する場合「本当にそれが正規品であるか?」など信憑性に欠ける場合があるからです。

 

少しでも安く買いたいという気持ちはわかりますが、ミニセグウェイの炎上事故などのことを考えると公式サイトから新品が良いでしょう。

 

ミニセグウェイは中古で購入すると安くなると思いがちですが、まだまだ人気があるため中古と言ってもヤフオク・メルカリでも結構な価格になります。少しお金を出せば新品が買えるんじゃない?と思うのも多々あります。

 

異常に安すぎる中古のミニセグウェイがあったとしても、性能・安全性がしっかりとしているか?などを考えると怖いところがあります。

 

 

ミニセグウェイは危ない?怪我とか大丈夫?

ミニセグウェイは危ない?と心配されている方も多いと思います。ですがいくつかの注意点を守れば決して危険ではなく、楽しめる乗り物といえます。

 

この点は上でも触れましたが、まず公道で乗るのはやめましょう。公道では、人や障害物などある場合が多く接触事故につながりやすいです。
また公道でない場合も、人や障害物などにぶつかると想定出来る場合は無理をせずに乗るのを控えることを心がけましょう。
ちょっとした油断から、あなたがケガ、または相手の方にケガをさせたら大変です。

 

また練習はしっかりとする方が良いです。練習している姿を見られるのがカッコ悪いなどと思って、初めからうまく乗ろうと無理をするのは、こけるなどして怪我のもとですので、やめておくことが無難です。
ミニセグウェイは比較的すぐに乗るコツを覚えやすいので、良いのですが、最初は慎重すぎるくらいに丁寧に練習をしましょう。
「いや、練習している姿ダサいから…」なんて言って無理はしないでくださいね。慣れるまでは、何かにつかまりながら乗ったりして感覚をうまくつかんでいきましょう。

 

 

ミニセグウェイはトイザらスで売っているの?

 

ミニセグウェイ トイザらス

 

ミニセグウェイがトイザらスで販売されているか気になっている方もいるみたいなので調査をしてみました。

 

ミニセグウェイについては販売されているとの情報は残念ながら得られませんでした。

 

またトイザらスのネットショップにてミニセグウェイが販売されているかを調べてみたところ販売はされていませんでした。

 

 

 

ミニセグウェイをAmazon・楽天でもランキングで比較調査

ミニセグウェイの比較ランキング情報はこちら

 

ミニセグウェイといってもその種類は豊富。そこで2大通販サイト楽天・Amazonでの人気の機種を調べるため調査をしてみました。
ちなみにミニセグウェイは、ホバーボード・電動スクーター・バランススクーターなどとも呼ばれています。

 

楽天・Amazonと調査してみましたが、楽天の方がレビュー数や種類が豊富なので楽天をまずチェックにすると良いでしょう。
個人な意見ではありますが、レビュー数などを見てみるとわかるのですが、Amazonは参考程度にみておく程度でよいかと思いました。

 

特に楽天で、レビューの多い機種が人気となっている可能性が高いことが予想できます。
なのでレビュー数の多い機種順に並べ替えて、検索をしてみました。

 

楽天ショップで人気ランキング比較

 

とりわけ、楽天でもレビュー数が多い上位3つほどピックアップしてみました。

 

S3607・ホバーボード・スマートボード・バランススクーター

並べ替えてみると圧倒的に「S3607・ホバーボード・スマートボード・バランススクーター」が人気となっていました。
レビュー数が他のミニセグウェイより圧倒的に多くなっていました。
その他、安心の21日間返品保証・自然事故製品保証1年などがついてサポート面も充実しているからでしょう。
気になるレビューの中身なんですが、かなりの高評価です。届くのが早くて良かったとの声が多かったです。

 

ホバーボード・K1電子スクーター・スマートボード・バランスボード S3607 Electric Scooter

こちらは上記のものの型違いです。個人的にはこちらのデザインが好きです。なぜなら形がスタイリッシュでカッコよいからです。
その分、値段が少し高いのですが、見た目にこだわりたいならこれです。
レビューでも安っぽくなくて良いなどの口コミがありました。

 

スマートバランスホイール

こちらは上記2つの販売元とは違う、ミニセグウェイです。
PSE認証取得済み、1年間修理OKなどサポート面でも充実しています。
安全なLG社製リチウムバッテリーや、新型モーターを搭載しており品質にもとてもこだわりが感じられます。
オフロード走行も可能な点はうれしいところ。

 

以上、3つのミニセグウェイを紹介しましたが、以下から簡単にAmazon・楽天でミニセグウェイを簡単に確認できるようにしておきましたので、よろしかったらご活用ください。
あなたにぴったりのミニセグウェイを見つけて、思いっきり楽しみましょう!

 

 

セグウェイに関する情報サイト